大地の命茶

自然界の恵みをたっぷり受け、たくさんの生き物に耕された大地に育まれたお茶。
「大地の命茶」と名づけた善光園の代表的な緑茶シリーズ。
その年に生まれた新しい芽だけで作られた極上茶から、お気軽に呑んでいただけるやぶきたまでラインナップはさまざま。
シーンに合わせて、めしあがれ・・・

金谷を見下ろす、山あいの茶畑ですくすくと命を育んだお茶。
春、生まれたばかりの新芽たちは、淡くて美しくキラキラ輝きます。
風に吹かれて朝露が乾いた頃、丁寧に適採が始まります。
息の合った二人のチームワークが決め手。夫婦、親子、家族が成せる力と技。
ふんわり生葉の香りがただよいます。
丁寧にゴミや古葉などを取り除きます。
日本茶の最も重要な蒸し工程。しっかり深く蒸していきます。
ここで、お茶の水色、香りなどが決まってくるのです。
蒸されたお茶を揉みながら乾かし、最後に形を整えて乾燥させていきます。
そこまでおおよそ、数時間。
更にふるい分け、切断整形し、火入れして仕上げます。
農作業から製品加工まで、最後のパッケージングまで、自分たちの手で作り上げます
まだ新芽が出始めた頃の柔らかい芽だけで作られた新茶で、まろやかな甘みが上品なお茶です。
数量が少ししかとれませんので注文は早めに!
極上茶より数日あとに収穫した新茶で甘みとこくのあるお茶です 。
やぶきたとかなやみどりをブレンドしたお茶です。
それぞれの良さが一つになったお茶をおためしください。
5月上旬にとれるやぶきたの新茶です。味がのり、コクのあるお買い得品です!
『かなやみどり』という品種のお茶です。香り、水色がすばらしくさわやかな味です。
八十八夜に摘み取られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重されています。
  • « Prev
  • Next »

8商品中 1-8商品